御礼!奈良マラソン応援ありがとうございました。(197日目)

昨日現地の更衣室で(寒くて)震えながらスマホから速報を書いたので2行で精一杯でした。(指置くだけで勝手に左右にズレるし・・・)ですので夜に少しだけ追記しました。(でもそれで精一杯。)2行だけなら本当に速報だけじゃんとか思ったので・・・。(速報だからそれでいいのか??)

本日は、初フルの後なので体が動かなくなることが予想されていたので前もって一日寝る計画を立てていました。でも予想以上に動けなくて・・・。

先ず何よりも両膝。曲げたら伸ばすだけで痛い、伸ばしていたら曲げるだけで痛い。寝ている状態から起きるまでに壁や椅子などの支えが必要で、それでも1分以上かかります。(って明日大丈夫なのか???)

そんな状態で一日寝ていても膝曲げたくなるし、伸ばしたくなるし、その動作動作それだけで痛いのでじっと寝ているのも嫌になり軽めに体動かした方がいいのかなと思って、出かけちゃいました。

ゆっくりの散歩など考えたのですが、外は寒いし、ろくに歩けないでしょうから結局、近所の温水プールに行ってきました。ゆっくり泳げば、足も少し動かすし、水の中だと体も軽いでしょうから。

プールの中ではなんとかしゃがんで立てる。(ちょっと嬉しい)体軽い~。2,3日この中で生活したいと本当に思ってました。ウォーキングの合間に超スローで合計1km泳いで終了。少しだけ膝がよくなったような気がしました。でもやっぱり壁など支えがないと立てない・・・。

みなさんの初フルの後の体の状態ってどんなのだったんでしょうか?すごく気になります。

--------------------------------

昨日走ってきた奈良マラソンですが、私自身レース自体が初なので比較の対象が出来ないのですが、本当に素晴らしい大会だったと思います。

大会関係者の方
ボランティアスタッフの方
沿道で応援していただいた方

最後のほうはフラフラでしたが気持ちよくゴールまで走り切ることができました。本当にありがとうございました。

そして、ブログを見ていただいている方、さらにコメントも頂いた方、本当にありがとうございました。

次回からレポ書こうと思っているのですが、その前に忘れないで書いておこうと思ったことがあります。(いきなりレポじゃないんです、すいません)

ブログを初めて多くの皆様からコメントを頂いたり(さっき書いてるでしょ)、コメントは入れていませんが、ハイパーランナーさんやスーパーランナーさん、普通のランナーさん、ゆるゆるランナーさんのブログも楽しく、そして知識として読ませていただいているのですが、

奈良マラソン(初マラソン)を迎えるにあたって気になった方の日記やコメントいくつかが非常に役に立ちました。

これらが無ければもっと、タイムも遅かったでしょうし、歩かずに完走は出来なかったと思います。

ということで、今後も今の気持ちを忘れないために、そしてこれからフルを走られるかも知れないランナーさんもいるかもしれないのでピックアップしてみました。(ちなみにレースの数日前からこれらのことは何度も読んだり、意識していました)

たのくるさんのこの記事

初フルを走る人へエール(記事直リンクです)

奈良マラソンでは4.5を狙って走ってスタートしましたが、(結果的には全く駄目でしたけど)ギリギリ狙えるペースで走っていたこともあり、後半落ちながらもなんとか頑張れたと思ってます。
たのくるさんは、ブログを巡回されているそうなので、私が書いている日記を読まれているかも知れません。本当にありがとうございました。

ゆるりんさんのこの記事

初フル完走を目指す人へ♪ (記事直リンクです)

たのくるさんはレースの戦略的なことを中心に書かれているのに対して、ゆるりんさんは気持ち的な部分を主に書かれています。走っている地点ごとでの気持ちの持ち方、特に30km越えたあたりの記述は本当に助かりました。あと上手くいかないときにはとりあえず「笑う」何度走りながら笑ってみたことか・・・。(他人からみたら泣いていたように見えたかも・・・)
今は足がおもわしくないようで休憩されているみたいですが、ブログ再開されたら直ぐに御礼のコメント入れようと思っています。

あやたさんのブログ
この記事って指定は出来ないのですが、2012年に神戸を走られた際にGPS時計のことを沢山書かれていました。私と同じでエプソンのSS-500Rを使っており、神戸のレポでも距離精度は誤差が大きいと書かれていたので、走っている時も混乱することなく対応できました。ちなみに私は605mのズレでした。

bgさんの誰かにされていたコメント

私の日記へのコメントじゃないのですが、bgさんが他の方のブログのコメントに「死ぬ気で走っても中々死なない」(不謹慎な書き方だったらすいません)と書かれていましたのでマイペースながら、それぐらいの覚悟で走ってみようかなと思いながら走っていたのですが、復路の坂の手前から、攣りかけていたので死ぬ気では走れませんでした。

新横の雅さんから頂いたコメント

実際に奈良マラソンをサブ3で走られた方で、私のブログのコメントでレース全般や奈良マラソンの坂についてコメントいただきました。

>気持ちで負けないことが大切です。
>気持ちが折れなければ走りきれます。

復路の坂はこれを思い出しながら走っていました。これが無ければ復路の坂は走れなかったと思います。

次から予定している奈良マラソンレポでも上記の内容を書くと思いますが、今後のレースのこともありまとめてみました。

本当にありがとうございました。

今月の走行距離 67.8km

明日からのレポをちょっとでも読んでやろうと思った方は応援のクリックを♪Click
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

コメントお待ちしております

コメントいただけると嬉しいです。記入いただいたコメントは全てコメント欄に反映されます。(※ 秘密のコメントや、個別に連絡を行いたい場合 ⇒ こちらから


四 + = 十二

 

内容に問題なければ、「コメントを送信」を押してください。 ※ 確認画面は出ません。