噛み合わない

最近なんか上手く噛み合ってない。

今日はテニスのレッスン。昨日も行った。一昨日も行った。

今月のスクールのテーマはサーブとスマッシュ。
実はサーブのコツを掴んだと思って一昨日から急に入り出した。
まぐれかもとか思いつつ昨日もやっぱり入る・・・。

うん。これは本当に掴んだかも知れない。
今日のレッスンが楽しみで仕方なかった。

金曜日の夜の中級クラスは一つ上の中上級クラスの人が降りてくることが多い。今日は少し人数が少なくて合計で8名。そのうち中上級クラスの人が5名・・・。

これって、中級クラスじゃないやん・・・。

で、もって最後の試合形式。コーチ2名もペアで入って30-30からスタート。
ちなみにじゃんけんでペアを決めたら私のパートナーは中級の人。要するに対戦するペアが全員私たちより上手いことになる・・・。

昨日まであんなに入っていたサーブが入らない。結局3回ぐらいダブルフォルトしたかな。

入らない原因もなんとなくわかっている。
一昨日は、私がクラスを降りてレッスンを受けたので初級クラス。さすがに初級クラスでは、色んな意味で余裕がある。昨日は中級クラスなんだけど、メンバーは中級クラスの人がほとんどで、中上級からは降りてこない。同じクラスだと、自分はそれなりに出来る方だと思っているので余裕がある。

でも、今日は最初に書いたように、違うんだよね。ほとんどが私より上手い人達。コーチペアと対戦するときなんてプレッシャーに負けてるのがわかる。地に足がついていないのがわかる。

サーブが入っても、面白いように振られて遊ばれている。
ボールに追い付いても拾いまくるんだけど、コーチ相手に後手後手状態だから本当に遊ばれてる。

こりゃ当分中級から上がれないな。

ってこれは噛み合ってないんじゃなくて実力。
でも、かなり凹んでる・・・。いや、別にコーチ相手だけじゃなくて、中上級のペアとの対戦でもそう思った。周りは上手い。中上級なんだから当たり前なんだけど・・・。

==========

ランの話。

防府に向けて頑張らないといけないんだけど、どうも噛み合ってない。

いびがわ→大阪→防府なので出来ればいびがわである程度仕上げておきたい。
となると逆算して30km走を、と思って7日(日)にしたんだけど・・・。

20.674km 2時間01分33秒 05’52/km

6’11” – 5’53” – 5’56” – 6’00” – 5’41”
5’48” – 5’49” – 5’53” – 6’03” – 5’52”
5’45” – 5’54” – 5’41” – 5’50” – 5’45”
5’46” – 5’50” – 5’56” – 5’58” – 5’55”
5’48”

20km過ぎてお腹が痛くなりトイレへ・・・。
トイレから出たら走れなくなった。
20km走っただけなのに、体もかなりだるい。

で、休養を取って木曜日、5kmをキロ5で走れたらいいなと思ってスタート。

2.640 km 15分19秒 05’48/km
4’34” – 4’44” – 9’22”

2km過ぎてしんどくて走るのやめてしまう。
っていうか、キロ5で5kmが無理と悟った時点で諦めた。

そもそも、キロ5で走るタイムじゃないし・・・。
時計みながら走って速いから落として落としてと走っていたけど、落ちず。でしんどくなって止める。

体はいけると思っているのか?でも実際はいけない。
なんだろうな、体力と余裕度、自分の気持ちが噛み合ってない。

5kmをキロ5で走るスーパーペーサーが欲しい。
昔なら長居にいたのに・・・。(いまでもキロ5なら大丈夫なのかな?)

ネガティブついでにネガティブなこと書くと、久しぶりに右ひざが少し痛くてズキッとすることがある。

7日に20km走って、木曜日に2km走って・・・。
う~ん。思っているよりも芯の部分で丹後のダメージ残っているのかな。

 

ネガティブばっかりでも面白くないので、ポジティブなことでも・・・。

2018丹後の詳細なタイムとグループトライアルの結果が出てますね。
速い人チーム。すごいっ。おめでとうございます。

あとは・・・。

私個人の結果をちょっとエクセルに落としてみました。
データは、100kmの男女を合わせて集計しています。

20181012a

【完走者順位】
完走者は1159名。完走者だけの順位を見ると、50kmでは1133位。かなり後がない。ちなみに50km、60kmは○よさんは1138位前後。弥栄庁舎で○よさんに一旦追い抜かれているので私もワーストは1140位近くまで落ちていたと思う。かなり後がないところまできていたけど、そこからの順位はなかなか頑張った。

【全体順位】
スタート地点に立った2080名を分母にした順位。どうしようもなく諦めていた50kmの地点では1413位。その時点では私より前にいる約300名も完走圏外にいる感じかな。

【上位80%、90%】
完走者の上位80%目の人、90%目の」人のタイムを調べてみた。順位と同じような感じだけど、50kmの地点では完全に圏外。ただ、60kmから70kmの上りで90%圏内に入って、70km~80kmの下りでほぼ80%の圏内まで戻した感じ。これは走っていてレポでも書いたけど、下り切ってからは完走圏内を走っている状態と感じたのと一致している。

エクセルに落としたので、自分の好きなラップとかで比較すると、後半はかなり頑張ってる。

丹後も含めて100kmは出ないけど、丹後の場合、上位80%から90%のタイムをペース票として作ってもっていけばいいんじゃないかなと思ったりした。

とりあえず、今は膝が気になる・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 51.7km

丹後前のスピード練習

北海道のレポも終わらせたし、今日からは丹後のことを中心になってくるかな?

と思っていたら北海道の地震。
北海道マラソン行ったばかり、しかも、翌日日高の方まで足をのばしたから、震源地近くを通ってます。いつもより気になってしまうんでしょうね。

これ以上被害が広がらないことを祈ってます。

==========

今週は丹後2週前になるので、ゼイハア練を予定していた。
当初は、月、水に坂練して金曜日に平地練を予定していたんだけど、月曜日に坂練したあと脚が張ってたので水曜日走るのは止めた。

週3回の練習をを週2回に予定変更。
ということで、本来金曜日走るはずだった、平地練をテニスのレッスン前に走ってみました。

20180906a

結果は

2.850km 12’54″ 4’31″/km

4’38″/km
4’36″/km
4’18″/km(850m)

もちろん、全力。
走った後は動けなかった。

でも。丹後スゲー。

昨年も丹後の1週間前に同じコース走ったんだけど、平均4’53″/kmだった。

ちなみに、昨年のブログを読んでみると丹後前は調子が絶好調だったらしい(笑)
絶好調だった時期のタイムを上回っているってことは本当に嬉しい。

そして昨年のタイムを上回っていて嬉しいのもあるんだけど、別の理由もあり、とても喜んでます。嬉しすぎて今日寝つきが悪いかも知れない。

別の理由とは、

実は、過去2回長居で、ほとんど同じ距離を4’30″で付いていくチャレンジしたことがあるんですよね。

でも結果は・・・。

20180906b

20180906c

2km持たなかったんです。

でも、今日はほぼ、4’30″で走れているではないですか。距離も長居とほとんど同じだし。

やっと、念願の2.8kmぐらい(3kmじゃない)をキロ4’30″ぐらいで走れた。どっちも「ぐらい」なところは気にしない。

丹後の前にスピ練した理由?

丹後にはスピードは不要だと思ってますが、ゼイハアしておくと、6分台で走る時に余裕ができるような気がするのでゼイハアしてみました。

ゼイハア練は今日で終わり。

あとは、上手く疲労を抜いて丹後に臨みたいです。

単に嬉しいからブログ書いてみました。(笑)

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 13.1km

2018 北海道マラソンレポ5(翌日編その1)

今日は台風でした。

職場が雨漏りしました。

大雨の時はたまに雨漏りするんです。

明日に直しにきてもらわないと・・・。

それでは北海道マラソンのレポの続きです。

==========

北海道マラソンを走り終わった夜に翌日のことを詳細に考えようと思っていたのに、アフター行って疲れてそのまま寝てしまった。

それでも、北海道マラソンに出て、後泊を決めたときから絶対に行きたいところがあったのでそこだけは外さないように下調べはしておいた。

絶対に行きたいところとは・・・。

レックススタッド
まあ、簡単にいうと競走馬の牧場。

どうしてもマツリダゴッホに会いたかった。

今回会わないと二度と会えないだろうから・・・。

翌日は7時過ぎに東横インの朝食を食べて8時前にチェックアウト。8時30分にレンタカーを予約をしていたのが、その前に使わなくなった着替えなどを、コンビニに行って自宅へ郵送した。(これで身軽に行動できる。)

レンタカーを借りると雨が降ってきたので一瞬迷った。

というのも

北海道に行く前に 競走馬のふるさと(日高案内所)で確認したんだけど、レックスさんは、急に見学中止になることもあるから行ってみないとわからないということだった。

2時間かけていって、見学できなかったら無駄足。それなら普通に小樽とか行く選択肢もあるかなと思ったりした。

けれども、行って駄目なら仕方がないかと思って行ってみた。

見学時間が10:00~12:00までなので、それまでに到着しないといけない。最短時間で到着するために高速に乗って走った。

10時30分頃に競走馬のふるさと(日高案内所)について、レックススタッドに行きたい旨伝えたら、二十間道路牧場案内所へ行って受付してくださいとのこと。案内紙をもらった。

20180901a

20180901cc
写真は競走馬のふるさと(日高案内所)

言われた通り、二十間道路牧場案内所の駐車場に車を泊めて受付をすると、厩舎にいる馬の一覧をもらえた。

20180901b

よくよく見ると、放牧図を見るとマツリダゴッホ以外にも名の知れた馬が沢山いるではないか・・・。

・スクリーンヒーロー
・ネオユニヴァース
・スマートファルコン
・ショウナンカンプ

他有名場多数。

そして、レックススタッドに到着

 

お馬さん達と初対面。

まずは、エイシンヒカリ

eishinhikari

裏に回るとマツリダゴッホに会える。むっちゃ緊張。
そして裏に回って初対面。

maturi1

初めて見たマツリダゴッホは見学されるのが嫌なのか厩舎の奥でじっとしていた。
顔出してよ~と思いながら5分位まったけどずっと厩舎の奥にいるのでとりあえず他の馬を見に行った。

sumatofarukon
スマートファルコン

neoyunivasu
ネオユニヴァース

taninogimuretto
タニノギムレット

aporokinngu
アポロキングダム

siruboto
シルボート

hakusanmoon
ハクサンムーン

osyanbule
オーシャンブルー

厩舎をうろうろしてたんだけど、どうしてもスクリーンヒーローとマツリダゴッホだけは奥から顔を出してくれない。

他の馬をみては、マツリダゴッホの前で待機。

ずっと奥にいて動かない・・・の繰り返し。

マツリダゴッホの前で、奈良から会いにきたんだからちょっと顔出してよ~とかささやいても無視。(笑)

10時45分頃に到着して1時間以上粘ったけど出てこない・・・。

もうすぐ見学時間が終わる。

見学時間が終わりに近づいて見学している人が周りに居なくなった時、マツリダゴッホが動きだした・・・。

maturhi2

そして・・・。

maturi3

maturi4
やったね。最高に幸せでした。

マツリダゴッホ=有馬記念が思い浮かぶと思いますが、えーかわ的にマツリダゴッホのベストレースはその翌年のジャパンカップ。これが一番印象に残ってます。苦手な東京で直線いったん早めの先頭。ウォッカに差されても一旦差しかえした根性。結局4着だったけど・・・。

マツリダゴッホと写真を撮れて気分よくレックススタッドを後にしました。

長くなったので翌日編その2に続く。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 13.1km

2018 北海道マラソンレポ4(雑感)

東京マラソンの約6か月前。東横インは6か月前から宿が押さえることが出来る。と分かっていたのに、一日間違えて出遅れた。新宿の東横インは既に満室だった。喫煙室はあったけど、嫌だったので池袋の東横インをとりあえず押さえた。

東京マラソン。当たって下さい・・・。

次の次の日曜日は丹後ウルトラ。
3週連続ロング走で脚はある程度作られたような気がするが、もうちょっと楽に走りたい。明らかに追い込む練習が少なすぎる。ってことで今週は少しゼイハア中心の練習をして丹後に臨もうと思っています。

明日は、台風で走れない可能性があるので、今日は今シーズン最初の坂練をしてきました。

4.539km 29分09秒 06’25/km

一番いい時より3分以上遅いけど、シーズン最初の坂練としてはまあまあ走れた。北海道を走ったことが大きいと思う。っていうか、北海道の前に何本か走っていれば、北海道の結果が違っていたような気がした。(後の祭り)

メインは丹後だしこれでいいような気もする。
して丹後の事も書きたいので北海道のレポを早く終了しないと・・・。

それでは、北海道マラソンレポ4の雑感です。

==========

北海道マラソンを走ろうと思ったのは、丹後を走るから。

丹後を走るならその前に1本ガチで走る必要があると思っていた。(去年はそうじゃなかったけど・・・)

夏のフルマラソン。シーズン1発目。制限時間は5時間。

自分にとっては、それほど低いハードルではない。幸いにも、酷暑にならず、というか比較的走りやすい方だったので問題なくゴールできた。

35kmぐらいからは、体が走ることを拒否しだしているし、この状態を丹後の前に体に植え付けることが出来たのがよかったと思う。

現時点で丹後がどうなるか分からないけど、北海道マラソンに出てなかったら、丹後は完走出来てなかったと思う。

【タイムについて】
ネットで4時間26分41秒。ベストの29分落ち。出来れば昨年のいびがわマラソンの4時間18分ぐらいでは走りたいと思っていた。当日は走りやすい気候だったと思うのでゴールした時はちょっとふがいなかった。

でも、1km毎のラップを見ると、まあまあ走れている。ラップが遅いところは給水。それだけ給水はカオス状態。

そう考えると悲観するほどでもないと思い始めている。

走り終わって、コースの印象は?って聞かれても「よく覚えてない」10km手前のトンネルと長~い、長~い新川通り。位のイメージだったけど、公式HPのコース映像紹介を見ると結構覚えている。思っているよりも、意識はあったんだと後で思った。

【体調】
北海道マラソンの前々週に奈良マラソンの試走。前週に堺→和歌山マラニック、と続いたのもあって、北海道マラソンの前日もふくらはぎに力を入れると直ぐに攣りそうな状態。2週ロング走が続いているし、決していい状態では無かったと思う。

【装備など】
夏の大会なのでBUFFは止めて、キャップで走る。ポーチはCW-Xに補給食とソフトフラスクに水を入れておいたが、水の使いどころを間違えた。

冬のフル同様に水が欲しくなる35km過ぎに飲むつもりで水はずっとポーチの中。メイタン取って、ペース上がった時にフラスクの水を使ったので少しは恩恵はあったけどそれまで使わなかったのは勿体なかった。最初の給水までが5kmと長く感じた。そこで使っておくべきだった。

無くなったら給水で追加。これにすれば給水ロスタイムが格段に減ったと思う。

サトさんは、給水のスポンジをそのまま帽子に挟んでいたらしい。(なるほどと思った。私も次から使います。って次あるのか?)

【費用】
わかっていたけど、結構費用がかかった。

2泊3日 北海道マラソンの旅。

往路飛行機 ANA 14,000円
復路飛行機 Peach 12,990円
東横INN札幌駅南口 7,125円
東横INN札幌駅西口北大前 5,200円
北海道マラソンエントリー 11,000円
その他(食費、お土産代等) 35,000円

合計、85,000円~86,000円ぐらい。結構なお値段になってる。

【交通】
ピーチが安くならないかなと思いながら眺めていて時間だけ過ぎて安くならなかった。冷静に考えると夏の北海道からの帰り。安くなる訳がないし、安くなったとしてもそのタイミングですぐチケット取れる訳でもない。最初見たときは、10,000円切ってたのでその時に買えばよかった。

北海道マラソンの場合、割り切って往復ともLCCにするんだったら、買える時に買った方がいいような気がする。

そして日程が合うなら、金曜や木曜入り、もしくは帰りを月曜や火曜にするとLCCなら格段に安くなる。その分宿泊しないといけないけど、仕事の日程で調整つくなら、飛行機安いので観光もするならそれなりにお得かも。

飛行機10年ぶりという私ですが、Peachは窮屈だった。なら広い席取れよって話なんだけど・・・。LCCにするならちょっとお金を足して広い座席にしよう。しかも帰りにPeachの関空、しかも出発、到着が遅れたから関空に付いてから走る走る。バスに飛び乗り、降りても走る。う~ん。いいイメージがない。

ジェットスターにすればとりあえず関空では困らないか・・・。

【宿泊】
今回は東横インに止まったけど、6ヶ月前から抑えられるので前日は会場に近い東横インを押さえた。翌日も押さえようかと迷っている内に出遅れて結局別の東横インへ。連泊するなら同じ東横インに宿泊するのが走り終わってすぐにホテルの部屋に入れるのでベスト。

北海道マラソンを走るなら比較的スタート地点に近い東横INN札幌駅南口がいいと思う。(でも私の宿泊した部屋は狭かった)

motoさんみたいにちょっとリッチなカプセルホテル2泊も有りのような気がする。

【その他】
・私が現地受付についたのは土曜日夕方。既にEXPO内のショップはTシャツなどが、売り切れ多数。何か欲しいものがある場合早めに行かないと買えないかな。
・完走タオル。北海道マラソンに限らず完走タオルをもらうと何故か嬉しい。篠山は完走タオルが無いから相性悪いのかも・・・。(って走った後だし関係ないけど)。北海道マラソンの完走タオル。大きくスポンサーが入ってます。個人的に完走タオルにスポンサー入るのって嫌なんだけど、これほど、上手く誤魔化している?と思えるタオルはなかなか無いと思う。黒、白、青、このデザイン結構気に入ってます。

次のレポは、北海道マラソン翌日のことを書きます。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 13.1km