念願だった碇高原の下りをかっ飛ぶ(2018丹後ウルトラマラソン レポ5)

昨日丹後以降初めて走ってみた。

3.231 km 24’08″ 7’28″/km

体調が戻ったと思っていたのに、走り出すとすぐに体が重く感じた。100km走った疲労度と日数分しか回復していないことを実感した。

そして今日は、丹後以降初めてのテニス。
いつもと負荷は変わらないレッスンなんだけど、いつもよりしんどかったので昼に帰ってきてすぐに寝てしまった。

それでは、丹後のレポの続きです。

==========

20180923a

20180923b

70km通過。14時9分。ここからは下り基調。関門まで1.8km残り時間は31分。関門通過だけを考えれば時間的には余裕。(いやそれほど余裕がある訳ではないけど・・・)

上りで脚を使ったので下りだといっても速く走ると攣りそうになる。目標は関門突破なので走れるスピードで走った。

ついに碇高原のステーキハウスが見えてきた。関門通過は確信したので、手前のログハウスのトイレに入って用を足す。トイレを出て目の前に広がる碇高原の牧場を見て嬉しくなった。ここまで自分の足で来れた。しかも次へも進める。

そして17分前に関門突破。碇高原のエイドで水分補給とこれからの下りに備えて最後のメイタンを取得。後のことは考えていなかったので預けてあるバックパックは受け取らなかった。

今から念願だった碇高原からの長い長い下りを楽しめる。幸いにも70km走ってきた割には下りを楽しめるぐらいの脚は残っていた。

下りが始まる前に、ここで初めて少しだけだけど完走が頭をよぎった。けれども、残り28kmという距離で計算できほど頭が回らなかったので80km地点までは計算しないでおこうと思った。

エイドを出て下りスタート。

丹後前に走った蔵王峠で、勢いよく走りすぎて下りの途中でへばってしまってマッスルゴリさんにちぎられた経験から、飛ばすけど気持ちは抑えて楽しんで走るを心がけた。

碇高原の休憩込で下りだして最初は7’00。
下り出してスピードを確認すると5’00″を切る感じ。もうちょっとスピード出せそうだけど下りきれる体力は残さないといけないので無理はしない。

次の下りは5’02”
もう、無茶苦茶楽しい。(笑)
遠方に見えるランナーがカーブを曲がる。
私もそこまで走ってカーブを曲がると、さっきまであんなに遠くにいたランナーが目の前いにいる。直線でも見る見る差が縮まるのがわかる。
ずっとそれの繰り返し。途中で私のペース以上に速く走ってるランナーに一旦交わされたけど、また交わすことが出来た。

その次のラップ4’50”
無理はしてない(つもり)。なんか自分以外が止まって見える。たぶんこのあたりで前方にぐわぁT発見。まるさきさんだ。
まるさきさんもカーブ1つ曲がったあたりで追いついた。私のペースよかったので一声だけかけて、先に行かせてもらった。

次のラップが4’35”
もう、楽しくて楽しくて仕方がない。上りを挟まない下りは最高。脚しんどくないの?って思われるかもしれませんが、筋肉痛っぽくなってるけど、もう坂道を落ちているだけの感覚なので気にならない。

あっというまに、下りの中間点の縦貫林道合流手前エイドに到着。
このまま走る?エイド寄る?
迷ったけど、補給は欠かせたくなかったので、エイドに寄ることにした。

それでも、6’51″。
エイド込の時間なのでやっぱり結構走れている。。

そして次のラップは5’17”
このあたりで、海が見えてきてもうすぐ左折。ほぼ、下り切ったよ~。と思って少し歩く。
左折するとまだ、下っているじゃないですか・・・。再び走り出す。歩いた分遅くなった。

そして79km手前から平坦になりそこから徐々に海岸線を上っていく。楽しかった下りはここまで。でも十分に楽しんだ。あの下りたかった坂道を思うように下ってこれて大満足。この時点で思い残すことは無かった。

結局平坦になったとたんに歩き出す。(笑)
完走するならこの時点で余力も必要だからと自分に対しての言い訳と、かっ飛んで下ってきたご褒美と勝手に理由づけた。

79.4kmのエイドで補給。ここでまるさきさんと一緒になった。
まるさきさんは、残り距離と時間を考えたらいけると思っていたみたいなので、何度かの応援の経験からここからが勝負だとまるさきさんと話をした。

そしてエイドを出発。
80kmまでは、時計も見ないで無理せずに歩いたり走ったりすることにした。
そうしているうちに前方に80kmの案内が見えた。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 126.6km

かすかな光明(2018丹後ウルトラマラソン レポ5)

先週の今頃は、丹後への移動中。適度な緊張感を持ちながらも、ドライブを楽しんていた。

まだ、1週間しか経ってないのにだいぶ昔のことのような気がする。
思い出は、美化されつつあるけど、次も100km出場しようとは思わない。
はじめてサブ4した加古川マラソン同様に、いい思い出のままで終わっておきたい感じ。

そうそう。100km完走したのは事実なのでトレイルレースなど100kmのロード完走が条件になっている大会に出れるようになった。記念に何かでてみようかなとちょっと思ったりしている。(思っているだけで出ないけど)

それでは、レポの続きです。

==========

20180922a

20180922c

(GPS時計の都合上ここだけ11km表示でタイムは60kmまで)

緩やかな上り道を歩きながら50km通過。
6時間38分。

すでに思考も無くなっており、50kmで7時間38分と勘違いしていて倍したら完全にアウトとしか計算できなかった。
でも、自分からは止めない。いけるとこまでいく。それしか考えてなかった。

このあたりから見たことがある景色になっていた。
何度か応援で通っていた場所だ。

もうちょっといくと、弥栄庁舎。その手前に、仲間が出している「はてな食堂」がある。

このままのペースなら弥栄でアウトだと思っていた。関門通過には走らないといけない。でもお腹も少し気持ち悪い。「はてな食堂」で何か食べようと思ったので50.7kmの丹後王国前のエイドでトイレに行くことにした。

エイドの休憩と、大も含めて用を足したので1km毎のラップは結果的にここが最遅になった。走れなくなってから、ここまでの区間の7kmが最悪の区間だった。

46km 11’51”
47km 10’25”
48km 13’30”
49km 09’52”
50km 09’58”
51km 09’54”
52km 15’12”

ただ、トイレにいって予想外のことが起こった。

なんと、すごく体が軽くなった感じになり今まで走れなかったのが嘘のように走り出せるようになった。

そこからは下りも伴って普通に走る。前方に「はてな食堂」が見えた。
やっと応援隊のところにたどり着いた。

そこで、かおりんさんに、「まだいける、1回で決めるんやろ?」っていわれた。無理と思っていたけど、飲み物を飲んで、パンとおにぎりをもらって最低限の時間ですぐに走り出した。

走り出して、ペース表で弥栄庁舎の関門時間を確認。関門時刻は12:00。残り30分で約2.0kmぐらいなので走れれば十分に間に合う時間だ。

この時考えていたのは、とりあえず弥栄庁舎の関門を超えたら次の関門は碇高原。碇高原でアウトになっても、70kmだし、形にはなるから弥栄は超えたいと思った。

はてな食堂から弥栄庁舎まではなかなかいいペースで走れた。(そんな時に限って信号で待たされる。)今まで走れなかったのが不思議な感じ。

弥栄庁舎の関門を17分前に通過。預けてある荷物で絶対に必要な物もなかったし、実際もらってる時間ももったいない。今は走れているのでバックパックも弥栄庁舎のエイドもスルーした。結局エイドに全く近寄らなかったのは弥栄だけだった。

弥栄庁舎を過ぎて、左折する交差点で○よさんに追い付いた。50kmまでは私が前だったと思うので、おそらくトイレに行っている間に抜かれたか?。

このままではお互い無理っぽいですよね~なんて声話していたけど少しでも先にいこうと思って走り出した。

この区間も普通の人が見ると何もない区間。でも、私には今まで応援で来た記憶がある。かおりんさんと初めて応援にきてぐわぁT掲げて、エイドを出した記念すべき場所だ。

あ~、ここでみんなをサプライズ応援(だれも驚かれなかったけど)したな~と懐かしんだ。

57km過ぎ、ここで60kmと100kmのコースが分離。なんだかんだいってここまで来た。ここを右折出来るのは100kmコースの人のみ。このまま、まっすぐ進みたいなんて全く思わず。右折して碇高原に向けた道に行けるのがなんか嬉しかった。

20180922b

20180922d

60km通過。時刻は12時40分。碇高原の関門のタイムを調べてみた。
残り2時間で12km。キロ10で関門を通過できる計算。

ここまできたら、碇高原を超えたい欲が出てきた。
碇高原の関門を越えたい理由は2つ。

一つは、ここの関門を超えると、次の関門は85km。85kmで関門にかかっても85km走った。16:30まで頑張ったなら十分だと思った。二つ目の理由は、初めて丹後の応援に来たときから、碇高原からの下りをいつの日か、かっ飛びたいと思っていたから。延々と続く下り。何も考えずに下れたら気持ちいいだろうな~と・・・。

ただ、60km通過時点では微妙な状態。
ここからは上り、でも何回か応援で通っているしエイドも出したことがある。途中に下りもあるし、碇高原を超えれるかもしれないと思い始めた。

このあたりで周りの人をみると、私も含めて完走は無理、惰性で歩いたりしている感がありありの終戦ムード。
私も、完走は諦めていたけど、碇高原を超えることだけ考えてきたのでそれを目標に諦めることなく前に進んでいた。下りの部分や坂が緩やかな部分は走るので終戦モードの人を少しずつ抜いていった。

結果的に、関門突破だけを考えて前に進んだので、この10kmの区間を1:28:56でまとめられた。私レベルではよく頑張ったと思っている・。

一旦上って下る。碇高原は関門アウトで下れないかも知れない。そうなると下りはこれが最後・・・。距離は短いけど勢いよく下った。

下りも終わってそこからは再度上り。碇高原近づけば近づくほど、勾配がきつくなる。それも分かっていたので、本格的な上りになるまで、頑張って走ったり早歩きした。

「まだ走れる」「諦めない」たぶんうわごとのように声を出しながら走っていた。

そうすると、前方にぐわぁT発見。まくりくままさんだった。まさかここで知り合いに追いつけるとは思ってなかったので嬉しかった。でも、関門考えたら時間的に余裕がある訳ではないので、一声かけて先に行かせていただいた。

そこからちょっと走るとだれやねんさんがいた。
「固形物食べれる~」って聞かれたのですが、さすがに無理だったので「無理」で返事。
応援しているだれやねんさんを見て、あ~、さすが丹後よく知ってるな~。応援が少ない所できっちり応援してくれていると思った。

上りはどんどん続き、きつくなってくる。1km毎のラップはキロ10を見てないので少しずつ貯金は出来ている。しかも過去の応援の経験から、上り切ったところから、関門や碇高原のエイドまでの少しの区間は下り基調になることも分かっていたので上りを諦めずに歩いた。

終戦モードの人を抜いてはいるんだけど、周りの人は依然少ない。このラインにいる人は自分も含めて完走は無理だろうと思っていた。

最後の上りの中盤。8月11日に奈良マラソン試走で一緒に走った奥さんがエイドを出してくれていた。私も丹後に出ることは伝えていたので、会えればサポートお願いしますと伝えていた。

まさに疲れていた時にグッドタイミング。スポドリとコーラを貰って歩き出す。

そしてひたすら上り続ける。上り切った辺りで目の前に70kmの表示が見えた。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 123.3km

復路の七竜峠から気持ちは絶望へ(2018丹後ウルトラマラソン レポ4)

丹後が終わってやっと金曜日。明日午前中まで仕事・・・。
今日で休みの人がちょっと羨ましい。

体的には、爪以外問題なさそうなんだけど、やっぱり全体的に体がだるい。
週末はゆっくりしようと思っています。

それでは、レポの続きです。

==========

20180921a

20180921b

第一関門を突破してしばらく走って30kmを通過。8時4分。
本当は第一関門の29.5kmを3時間30分でなくて、30kmを3時間30分で通過したかった。4分遅れたのは第一関門のエイドでやっぱり時間がかかったため。

エイドの初心者は時間がかかってしまう。水分と栄養補給、体を冷やす。トイレをどうする?言葉で書くとそれだけなんだけど、最初はエイド毎にトイレ以外はどれもしてしまう。なので時間が凄くかかる。

それでも、エイドをスルーするわけにはいかないと思っていた。

第一関門を過ぎて走り出す。
日が照っていて暑いけど、前半30kmをキロ7で走っているので当面キロ8を少し超えても十分。トータルでみて貯金は減らないのでいけるかなと思っていた。

33kmぐらいで再びロボッチの応援。(キロ数ちがったら教えて)「頑張れ~。暑い?」と聞かれたと思う。「暑い~」と答えるしかなかった。実際この頃から暑くなりだしていた。

そして前半の勝負どころ、35kmから復路の七竜峠の坂が本格化してきた。一目見ただけで私には走れない坂だと分かった。往路に下った時は、暗くて分からなかったけどこんなに急だとは思わなかった。

周りもほとんどの人が歩いてる。走っている人もいるけど、しんどさとスピードが合ってないようで私からみるとかなり損をしているように見えた。
上っても上っても上り。本当に往路こんなに下っていたのか?と疑いたくなる。

ここで、自分の甘さを痛感した。
予定ではキロ8・・・。絶対無理。ペース表からは遅れだす。

100kmの後半部分は、何度か応援にきているので大雑把だけどコースのイメージが残っているんだけど、前半は全く通ったことがない。下見もしなかったことを後悔した。

走れないので早歩きしていたんだけど、暑さもあるのか脚がパンパンになりだしてきた。前半にこの坂。ギリサブ4したぐらいの走力で丹後100kmを走れるほど甘くはなかった。この状態を考えると完走は難しいと感じはじめていた。

それでもやっとのことで、七竜峠展望台へ到着。
七竜峠手前から、ずっと「ごえ家」を探していたんだけど、全然見つからなかった。きっと待ちくたびれて閉店したんだと思っていた。

20180921aa

20190921c

40kmを通過して42.195kmの案内。5時間20分ぐらい。予定よりも遅れている。といってスピードを上げる余裕もなく、たまに上りが入るとその部分は歩く。それでもなんとか浅茂川漁港に到着。

そこでぐわぁT発見。THさんだった。少し話をしたんだけど、THさんは辛そうだった。(私も結構この時点ではしんどかった)うどんを食べている内にTHさんは先にいってしまった。

さあ、ここから頑張ろう。と思ったんだけど、浅茂川漁港を出てから急に脚が動かなくなった。明らかにスピードが出てない。そしていったん歩くとそこから走れなくなった。平坦な道なのに歩くしか出来なかった。

予定タイムよりは遅れているけど、少なくともまだ完走圏内にいる状態なので、周りは走ってる人ばかり。歩いている人なんていない。どんどん抜かされていく。

走り出ろうとするんだけど、100mも走らないうちに走れなくなる。
1kmや2kmぐらいなら歩いてもカバーできるしなんとかなると思っていたけど、何キロ歩いても走り出せず、46kmの浅茂川海水浴場から48kmの三本松交差点までラップは10分台3連発。

この時点でこの走り。完走することはないと思った。

ただ、今回丹後を走るのに決めていたことがある。
「時間的に完走(関門)が無理だと分かっても、迷惑にならない限り関門を通過したら次の関門を目指す。」と「やれることはやってみる」

今やれること。実はそんなにない。
走れない、歩くしかない・・・。

とりあえず、10km毎にはアミノバイタルは取っていたけど、切り札としてメイタンを2つ持っていたのでそのうちの1つを47.3km地点の三本松交差点のエイドで食べてみることにした。

以前に丹後でサトさんが碇高原への道でメイタンを食べて復活したっていっていたので私もなんとかなるればと思った。

 

その結果・・・。

 

現実は甘くはなかった。

 

49km、50kmのラップも下りも含んでいるのに全く走れていない。ちょっと走ってみるんだけどやっぱり走れないの繰り返し。

メイタンも効かなかった。周りを一緒に走っている人も少なくなってきた、明らかに完走のボリュームゾーンから外れているのを実感した。

結局46km~50kmまでずっと歩いた感じになってしまう。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 123.3km

往路の七竜峠を越えて(2018丹後ウルトラマラソン レポ3)

丹後が終わって、もう木曜日。

今日、明日とテニスのレッスンを入れている。
仕事終わって、着替えてテニスへと思ったけど、着替えたところで今日はテニスを行くのを止めた。

筋肉痛は無くなってるしテニス出来そうなんだけど、体がなんとなくだるい。大丈夫だとは思うけど、思っている以上に体は弱っているかもしれないので、あえて今日テニスする必要もないと思って再び着替え直した。

それではレポの続きです。

==========

20180920a

20180920b

10km通過。
この前後からカステランさんと抜いたり、抜かれたりで走っていた。私は距離が短くても急だと思った上りは割り切って歩いたんだけど、カステランさんはしっかり走っていた。

私は上りを歩いた分、そこでカステランさんに抜かれ、下りで追いつく感じ。ただ、こんな感じでもいいペースで走れていたので、上りを無理して走ることは無いと思っていた。

17km手前のくみはまSANKAIKANエイドに到着。ここのエイドも人だらけ。ウルトラのエイドが初めてなのでかなり戸惑ってしまう。水分を補給してバナナを食べた。

ちなみに、ほとんどのエイドで水分補給して、

ここで一回トイレ行った方がいいかなと思ったのでトイレへ向かう。結構並んでいたけど、トイレはどこかで行くからここでいっておこうと思った。

そしてエイドを出発。ここでやべっち奥さんのみほっちに先を行かれる。

ただそれほど速いペースで走ってなかったので追いついて少し会話。とりあえずやべっちから13時間50分にゴールするペース表を持たされているらしい。で、そのペース通り走っているとのこと。その時は結構ゆっくりだったので、下りということもあり先に行かせてもらった。

でも、そこから数キロで追いつかれ、徐々に徐々に離されていってしまった。

19km付近。今まで曇っていたのに、雲がなくなって晴れてきた。
空を見ても、当分曇りそうにない感じ。この天気が続くと苦しくなるなーとは思ったけど、丹後といえば灼熱。まだまだ灼熱にはなってない。晴れてこその丹後。これぐらいのコンディションは丹後ではよくあることと思って走ることにした。

 

20180920c

20180920d

20km通過。
くみはまSANKAIKAN(トイレ)でのトイレに結構時間がかかったけど、それ込みでほぼ予想通りのペース。

みほっちには徐々に離されているけど、まだ前方に見ている。
そんな状態で21kmのエイド。みほっちに追いつけるかなと思っていたら、みほっちは一瞬でエイドを後にしていた。フルマラソン並みの滞在時間。

私はというと、暑さ対策で用意していたネッククーラーに水をしみこませてセット、暑くなるので水分を入れ替えた。あと、用意していたサングラスをした。エイドを出る時には、みほっちは視界から消えていた。

そして、60kmのスタート地点横を通る。山ちゃんと秘密兵器さん(カブトムシさんの奥様)が応援してくれていた。

ここまで私自身はいいペースで走れている。
上りが見えたら無理せず早歩き。それ以外は走る。

第一関門の29.6km地点。予定通り3時間30分。本当はもっと貯金を作っておきたかったけど、そんなに甘くはなかった。思っていた以上に、トイレや水分補給で時間がかかった。決して休憩していた訳じゃないんだけど・・・。

予定では、ここから当面はキロ8を超えてもいい。いい勝負できるのではないかとこの時点では思っていた。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 123.3km

丹後のはじまり(2018丹後ウルトラマラソン レポ2)

日を追うごとに体の状態は良くなっています。踵はほとんど気にならなくなったのでたぶん大丈夫。膝はたまに少しだけどズキンとする。今は爪が一番ネックかな。靴下履くのも苦労する。当分無理せずに様子見しようと思ってます。

それでは、スタートからレポの続きです。

スタート。
とうとう丹後が始まった。

20180919b

20180919a

今まで出場した大会はすべてスタートゲートでGPSウォッチを押していたけど、今回はそういうわけにはいかない。大事なのは完走することなので、号砲と同時に押した。

比較的前方に並んでいたんだけど、ゲート通過までに42秒。後ろに並ばなくてよかったと思った。

その後、周りと同じようなペースで走る。私にとっては100km走るには速めって感じ。1kmの通過は6分50秒。ロスタイム入れると6分一桁。順調なスタート。

しばらく走っていると上りになった。高低差みて上るのはわかっていたけど、どの程度の坂なのかも知らない。(下見は必要だったと思う)無理しないで走っていると、仲間達から声をかけられて先にいかれる。

平地でTHさん。上り出してからまちゃさん、なおさん、ゴリさん、ユキさん、まるさきさん。
みんな走ってる。

暗くて上りが感じにくく、それほど苦にならないうちに終わるなんて言われたけど、途中から上りが急だと感じだした。走るか歩くか迷ったけど、本当に急に感じるところは歩くを選択。
それでも、ラップタイムを見る限りは、それなりに走っていたんだと思う。

7km手前の七竜峠展望台に到着。エイドに人いっぱいでごちゃごちゃしている。飲み物を飲むにも時間がかかる。思った以上にタイムをロスした。

七竜峠から下って、少し上ってまた下り。前半は「足を大事にして下るように」とたーはるさんのコメントや、まちゃさんから言われていたので、下りでも無理をしなかった。その割には結構スピード出てた。

七竜峠に着くころには明るくなってきたので持っていたLEDライトは不要になった。結果的にスタート時からライトが無かったら走れなかったかというとそうでもなく、あったらあったで便利だったなという感じ。

周りもライト付けて走っている人がいるから、100均で小さなライトぐらいで十分と思う。

10km辺りに、プーさん着ただれやねんさんと、少し離れてロボッチがいた。どちらも遠い所から応援に来ていただいて感謝。

 

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
今月の走行距離 123.3km