2015奈良マラソン レポ2(おっとーさんとの対決編)

奈良マラソンレポ3回目はおっとーさんとの対決編です。

【脳内大作戦】

おっとーさんとの対決でも私の走り方を変えてまで勝負に徹する走りはしようとはおもわなかった。

正直なところ、走る前まではそれまでの練習量などみても勝てるのは間違いないと思っていたし、勝負に徹する走りをするとタイムは出ないと思っていたから・・・。

ちなみに、勝負に徹する走りをするなら、スタートからサブ4ペースで突っ込む先行逃切り作戦。

いままでのおっとーさんのフルマラソンは、かなりの確率で歩きが入っている。
おっとーさんがサブ4達成した篠山でも歩いていたはず。
(歩いてサブ4出来るところが凄いんだけど・・・。)

でもこの戦法を採用すると間違いなく後半失速するのでタイムは出せない。

目標の4時間5分を切るにはやっぱりタイム重視のマイペース戦略を選ぶ。

ちなみに奈良マラソン前におっとーさんにやられて一番嫌だった戦法は、前に行かれて徐々に差が開いていく展開。
結局、今回は一番嫌な展開になってしまった訳です。

【スタート前】
スタートブロックはおっとーさんと同じEブロック。
私はトイレ対策でギリギリまでトイレにいくので集合場所でおっとーさんと一旦離れて別行動。

なんどもトイレに行ってからEブロックへ・・・。
だいぶ前に居ると思っていたおっとーさんだがブロック内で普通に追いついた。

スタートまでごえもんさんと一緒に3人で雑談して過ごす。
スタートするまでの時間って知り合いがいて話せると時間が経つのが速い。

【スタート~5km 29’11″ 5’50″/km】
(5’47” – 5’47” – 5’56” – 5’42” – 5’51″)

そしてスタート。
ここからはマイペース。

ステルス作戦を見落とさないようにおっとーさんの服装を確認。
白の大会Tシャツに灰色のBUFF

意識していれば結構わかるので問題無さそう・・・。

スタートして5kmの折り返しまでつかず離れず(20mぐらいかな)の距離。
別に意識して走っていたわけではなく、マイペースで走っていて、いるかな?と思って探すと「いたいた」って感じ。

【5km~10km 29’34″ 5’54″/km】
(5’45” – 5’51” – 5’51” – 6’00” – 5’53″)

5kmの折り返し地点を過ぎたあたりから少しずつ差が開きがちになってくる。
でも、焦らない。前半はマイペースでいい。

【10km~15km 28’48″ 5’45″/km】
(5’36” – 5’43” – 5’46” – 5’43” – 5’49″)

10km手前までは登りなどでは遠目には見えていたけど差が開いてきたのと人ごみに紛れてきたのでおっとーさんの姿が見えなくなっていた。でもそれは想定内。第3給水所でサトさんが「おっとーさんすぐそこ」って教えてくれる。

【15km~20km 29’52″ 5’58″/km】
(5’50” – 6’12” – 6’02” – 6’03” – 5’37″)

20kmの応援団、ここでおっとーさんとの差を告げられる。
1分って言われたような気がする。

実際は約2分だったみたい・・・。

【20km~25km 28’41″ 5’44″/km】
(5’39” – 5’30” – 5’50” – 5’57” – 5’39″)

中間点通過、その後25km手前で折り返し地点がありスライド区間でおっとーさんとのタイム差を確認。
ここのスライドはおっとーさんとの差を知る重要な地点なので絶対に発見しないといけない。

ってことで反対車線を見ながら走る。

おっとーさんとスライド。
どっちも時計見てる。(笑)

私が折り返しまで走った時間の倍が、おっとーさんとの差だ。

折り返し点通過。

スライドしてから1’20″ぐらい。

ってことは2’40″程度開いている。でも、ここでタイムの計算をしても仕方ない。白川超えるまでは余力がどうなるかもわからないのでそのまま走る。

ただ、補給を落としまくりでテンションが低い・・・。

【25km~30km 31’15″ 6’15″/km】
(6’01” – 5’54” – 5’48” – 6’54” – 6’28″)

白川の上り手前まで到着。25kmの折り返し地点を過ぎて考えだしていたことだけど、上りに入った瞬間に歩く。

上りでの呼吸を乱すのを抑えて登りきってから勝負をかけるつもり。

歩いたり、走ったりで橋をクリア。

30kmで待ち構えている応援団でタイム差を教えられる。「5分」

私が思って当初に思っていた逆転可能タイムのデットライン。

5分差で走りきられたらまず追いついても勝てない。けどおっとーさんは後半かなりの確率で走れなくなる。でも最後は速い。っていうのを知っている。

ここからが勝負・・・。

【30km~35km 38’25″ 7’41″/km】
(6’38” – 8’42” – 7’18” – 8’58” – 5’52″)

と思って走っていたけどお腹がちゃぷんちゃぷん・・・。
走れない・・・。脚も攣りだした。

ここで歩いたら100%勝てない。
それだけは分かっているのでできるだけ走る。

けど、そこから500m行ったぐらいでとうとう歩く・・・。

終戦・・・。

そこからは、下りなのに走れない。走らない・・・。
でも、ゴールが遠いのでちょっとだけ走ったり、歩いたりの繰り返し・・・。

復路の白川の下りで秘密兵器が炸裂するハズだったのに必要なくなった・・・。

ちなみに、秘密兵器というのは、コレ
20151231a

ステルス作戦を丸裸にする追跡システム。
10分間隔でラップタイムを自動で取得して差をスマホで確認するハズだった・・・。

歩いている私には不要の秘密兵器となってしまった。

【35km~40km 29’22″ 5’52″/km】
(7’37” – 6’08” – 5’55” – 5’17” – 4’59″)

終戦と思った瞬間に奈良マラソンでのおっとーさんとの対決は終了。
結果的にはひと波乱あったみたいで一旦おっとーさんを追い抜いてた。

しかしステルス作戦が見事に嵌って私はおっとーさんを発見出来ず。
負けと思った時点で探すことすらしなかったけど・・・

おっとーさんがぐわぁT着ていたら追いついた時に分でしょうけど・・・。
ある意味、おっとーさんのステルス作戦は成功していたと思う。

アップデート見ていても確かに追い抜いている。
証拠写真もあった。(笑)
20151231c

勝負をすっかり忘れて楽しんで走っているえーかわと後ろで見た目しんどそうに走っているおっとーさん。(笑)

おっとーさんはどれ?(おっとーさんのブログでご確認を・・・。)

たれればだけど、追い抜いた時、いや、追いついたときにおっとーさんとわかっていればどうなったかな?

【40km~ゴール 12’18″ 5’36″/km】
(5’20” – 5’53” – 1’53″)(ラストは398m 4’43″/km)

すっかり楽しんてゴールした。ゴールするとおっとーさんがいた・・・。
てっきり待っていてくれたのかと思ったら、話を聞くとさっきゴールしたとこだとか・・・。

しかも私が一旦追い抜いたという事らしい・・・。

頭の中が不思議ちゃんになった。

【勝負を決めた物】

結局勝負を分けたものは諦めたか、諦めなかったか・・・。この違いだった。
私は30km過ぎて諦めた。そこから歩いたり走ったりしながら一旦追い抜いたけど気づかなかった。

勝負に諦めていたのでおっとーさんを探すこともしなかった。

それにひきかえおっとーさんは抜かれても諦めなかった。

楽しみながら(もちそんそれなりにしんどかったけど)39km,40km,41kmのラップは私も速い。
でも、38kmぐらいで追い抜いて40.5kmで抜かされたらしいということはおっとーさんはそれ以上で走っているということ。

普通、追い抜かれて私達?のレベルでこのスピードで走られると付いていけないことが多いのではないか?

でも、諦めなかった人にはそれなりのご褒美があったってこと・・・。

ほんと、諦めない・・・。これに尽きると思います。

【っていうかよくよく考えると・・・】

走る前まではおっとーさんに勝てると思っていたけど、よくよく考えると奈良マラソン時点では走力にそれ程差はなかったのではないかという気がしている。

おっとーさんがエプソンのGPS時計に変えてから心拍数とかも含めてラン記録をアップしていますが、15kmぐらいのコースだと途中でラップタイムは落ちてないけど心拍数が極端に上がっている区間がある。

おっとーさんも言っていますが、普段走っているコースにそこそこの坂があるはず。

私がおっとーさんのマイコースを走って同じタイムで楽に走れるかといわれると絶対に楽には走れないと思う。っていうか結構いい練習になったと思う感じなるのではないか・・・。

普段走っているコース、奈良マラソンのコースを考えると奈良マラソンでの実力差というのは余りなかったのかも知れない・・・。

【でもまだ1敗】

おっとーさんからの挑戦状。実は奈良マラソンの対決だけではないんですよね。

奈良マラソンは対決の一つ。(言い訳込み)

そう、挑戦状は2つあるんです。

一つは奈良マラソンでの対決。

もう一つはおっとーさんの2回目のサブ4と私の初サブ4、どちらが早いか・・・。
(そこにごえもんさんも参加?)

私が先にさぶ4を達成すれば一勝一敗。

まだタイに出来るんです。

対決は続く・・・・。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今月の走行距離 163.6km

明日は有馬記念

奈良マラソンのレポの途中ですが明日は有馬記念です。
ランニングカテなのに、タイトルに堂々と有馬記念と書く。(笑)

今日書くことは全くランニングとは関係ありませんが、毎年有馬記念の前日は有馬記念のことを書いてます。

それでも一応ランニングブログなので今までは有馬記念の事をかいても予想は書かなかったんですけどね。

ほら、予想出して真似て購入する人いたらオッズ下がっちゃうし・・・。
(そんな影響のあるブログじゃないけど・・・)

でも、ひょっとするとランニングしている人でも競馬に興味ある人もいるかもしれないし、今回は予想を少し書いてみる。

ちなみに、ここ数年はあまり馬券を買っていません。今年馬券を購入するのはダービー以来なので全く競馬はご無沙汰してます。(笑)

それでも有馬記念だけは特別なんです。

野球でいえば、オールスターみたいなもの。
ランニングでいえば東京マラソンみたいなもの。

お祭りみたいなものなので、有馬記念だけはイナリワンが勝った年から欠かさず有馬記念だけは馬券を購入してます。

ということでえーかわ目線予想(希望)は

◎ キタサンブラック
色んな意味でこの馬が有馬記念に出てきたら買わない訳にはいかない。
ってことで本命。前々で競馬して直線抜け出す展開を希望。

〇サウンズオブアース
秋はちょっと届かないレースになっているけど、騎手に期待しての〇。

▲ゴールドアクター
アルバートと迷ったか、菊花賞実績、前で競馬出来るのでこっち

△アルバート
4連勝、前走のぶっちぎりは凄いがメンバー弱いと判断。

×ラストインパクト
最初はこっちを対抗に選んでいたけど、騎手が不安なのでここの評価。
内でじっとして直線も内ならいい勝負すると思う。

私の買い方は有力馬を買わない・・・。
なので、ラブリーデイ、ゴールドシップは対象外。(笑)

来たら諦める。
どうせ外れるならゴールドシップに勝って欲しい・・・。

馬券は男らしく3連単で11→9から広く流して総額2000円。(少ない?)
男らしくと書きながらも、3着にはラブリーデイ、ゴールドシップも押さえてる。(笑)
ついでに、返しで馬単100円だけ9→11を入れてる。

信じるも信じないもあなた次第・・・。

あっ、最後に大事なこと忘れていた。
イナリワンの頃から毎年有馬記念買っていますが、払い戻しを受けたのは1度だけだった。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今月の走行距離 131.6km

2015奈良マラソン レポ1(レース編)

奈良マラソンレース編レポです。
(※ラップタイム5km毎はランナーズアップデート、1km毎はエプソンSF-510T)

おっとーさん対決編は次回に・・・。

【スタート前】
スタートブロックはEブロック。
大阪マラソンもEブロック。私の場合スタートはスピードでないので渋滞しないならこの程度のブロックが丁度いい。

今年の奈良マラソンは暖かい。待っている間も寒さ0。
服装の失敗を既に悔やんでいた。

そして、持ち物を確認するとポケットに入れていたペース表をスタート前に既に落としていることに気付く・・・。
スタート前から凹むえーかわ・・・。

とりあえず9時にスタート。ロスタイムは約4分。

【スタート~5km 29’11″ 5’50″/km】
(5’47” – 5’47” – 5’56” – 5’42” – 5’51″)

スタートすると最初は下り。ペースが上がりがちになるので時計を見て調整。無理にスピードは上げない。まだまだ始まったばかり、調子は可も無く不可もなくって感じ。

1.5km地点、高天の交差点を右折。すでに汗が出てくる。服装の選択ミスを後悔しながら走る。

4.6km地点の給水。とりあえずヴァームを飲んでから水を取って頭からかぶる。テーブルが3つずつしかないのでコップが取りにくい。

大阪マラソンの失敗をいかして5kmで塩タブレット取得。

【5km~10km 29’34″ 5’54″/km】
(5’45” – 5’51” – 5’51” – 6’00” – 5’53″)

5kmの折り返し地点で嫁さんと娘が応援。今年はバッチリ見つけて通過。
イトーヨーカドーを過ぎたあたりで、私設エイドで水を貰って頭からかける。一瞬は冷えるんだけど気休め程度にしかならない・・・。

7km地点の給水。ここは水のみ。とりあえず水を飲んで、頭からかぶったり、首筋かけたりしながら走る。

ここから約3km程度上り。前半なので余力はあるけど、ここからの上りって結構上っている。呼吸に無理がないように意識して走る。

5km毎の塩タブレットも忘れずに取得。

【10km~15km 28’48″ 5’45″/km】
(5’36” – 5’43” – 5’46” – 5’43” – 5’49″)

最初の丘?を上りきってここから白川の上りまでは下り基調。
ここで、最初の補給と塩タブレットを取得。

呼吸は荒くなくいい感じ。ここは知らず知らずの間にスピードが上がってしまいがち。ここでスピードあげると往路の上りで苦しくなるのでかなり意識して自重。
第3給水所の10.8kmの給水でヴァーム取得。水かぶる。予定どおり3番目の水テーブルでサトさん発見。応援をしてもらう。

給水所を過ぎて少し走ったところでごえもんさんに抜かれる。
自分的には悪くないペースなのでこれで抜かれるってことはかなり速い?とか思ってしまう。

暑いけど、呼吸は悪くない、まだまだ走れる。

【15km~20km 29’52″ 5’58″/km】
(5’50” – 6’12” – 6’02” – 6’03” – 5’37″)

15kmを過ぎて窪之庄町南の交差点を左折。左折後は平坦に見えるけど既に少しずつ上りになっている。
第4給水所でヴァーム取得、水かぶる。も既に暑さはヤバい・・・。

徐々に上り勾配が大きくなってくる。コースは分かっているので呼吸と相談しながら上手く走ったつもり。
上りの頂点手前でごえもんさんに追いつく。

そこから、下って、上って天理大学の敷地内へ。この先に応援団が待っているので楽しみにして走る。

20km地点で応援団発見。予定通りの顔でサプライズは無し。(笑)

【20km~25km 28’41″ 5’44″/km】
(5’39” – 5’30” – 5’50” – 5’57” – 5’39″)

中間点通過、ペース表落としたのでペースわからなかったけど、大阪マラソンの時は中間点通過タイムは覚えていた。大阪マラソンが2時間1分後半、今回は3分後半。

松(4時間5分切り)で走ろうと思ったら後半ネガティブしかないけど、ここでスピード上げるのは失敗する。後半の白川超えるまではタイム気にせずに我慢我慢。

ここで、投入予定のNIを取得。
ついでに塩タブレットも取得、しかし塩タブレットを取ろうとしたといに3つぐらい落としてしまう。

気を取り直して、少し早いけど芍薬甘草湯を取ろうとしてポーチの中を見ると・・・。

無い・・・。

さっき落としたのか?それともそれ以前に落としたのか?

塩タブレットを落とし、芍薬甘草湯が無いことに気付いて凹み度ピーク・・・。

攣り対策グッズが無くなった・・・。

手元にあるのは、メイタン1個と2RUN一袋と、塩タブレット3個。

残りあるものどうやってしのぐかな~
どうやっても足りないな~

とか思いながら走って天理市役所を折り返して25km通過。

【25km~30km 31’15″ 6’15″/km】
(6’01” – 5’54” – 5’48” – 6’54” – 6’28″)

白川超えまで出来るだけ体力温存して走ったつもり。でも終わってからカブトムシさんに言われたのが28kmぐらいでスライドした区間では既に死相が出ていたらしい・・・。

そして28km過ぎからの復路の上り開始。
上りが始まると同時に歩く。

今年の篠山では走れなくて歩いたけど、今回はまだ走れるけど歩いた。
ここで呼吸が苦しくなるって後走れなくなるよりも、戦略的歩きを入れて上りきったところから勝負する戦法。

これが、先を走っているおっとーさん対策でもあり、出来るだけ脚を攣らないようにする方法だと思った。

といっても、だだ歩きは出来ないので、走っては歩く、走っては歩くでロスを少なく・・・。

やっぱり歩くと結構抜かれる。ただ、ラップを見る限り歩きを入れても一番遅い所で 6’54”。往路の上りでもキロ6を超えているので心肺を考えると結構有効な戦法かも知れない。

最初の坂を上って白川大橋でたーはるパパさんに追いつく。
奈良マラソンを楽しんでいる(笑)。いつものパパさんだ。

30kmで待ち構えている応援団の前を走って通過。昨年よりは余裕を持って走れていた。(はず・・・)

今思えば、前々日ぐらいにえいたろうさんがブログで補給関係をアップされていた。その中に塩タブレットも写っていたよな~と。その時に気付いていれば・・・。ちょっと後悔。

【30km~35km 38’25″ 7’41″/km】
(6’38” – 8’42” – 7’18” – 8’58” – 5’52″)

応援団の前を颯爽と?走りぬけたのですが、その後すぐに、脚が攣り始めた。普段からこのあたりで攣りの兆候はあるのでそれ自体は問題ないんだけど、それ以上にお腹の調子が明らかにおかしい。給水で取った水分が吸収されずにお腹の中でチャプンチャプン波打ってて、気持ち悪い。

そういや、あやたさんが神戸マラソンのレポで書いていたやつと同じ症状なのか?

そこから急に走れなくなった・・・。

そして、

歩く。

白川の上りで歩いた戦略的歩きではなく、走れなくなった歩き・・・。

ここで歩いたことによって、奈良マラソンの目標であった梅の目標もアウト、おっとーさんとの対決も負け確定と完全に目標が無くなった。

ここで歩くとゴールが非常に遠く感じた。

このままのペースだと5時間超えるかな~。
でも走れない。(正確には走る気力がない)ので歩く。

天理大学敷地内を出るまでほとんど歩いた。

敷地内を出てからは下り。歩いてもゴールは遠いのでゆっくりでもいいから走ったり歩いたりでゴールしたほうがいいかなと思って、少し走り出す。お腹は相変わらずちゃぷんちゃぷん。気持ち悪くなったら歩くの繰り返し。

でも、周りをみるといっぱい応援してくれている人達がいる。ボランティアの子も応援してくれている。

せっかくなので応援に応えながら走れるところは走ることにした。

白川の下りを一旦下って平らになるところで、持っていても仕方ないのでメイタンを取得。

歩いたり走ったりの繰り返して少ししてごえもんさんにも抜かれた。

【35km~40km 29’22″ 5’52″/km】
(7’37” – 6’08” – 5’55” – 5’17” – 4’59″)

35km地点を通過。このあたりで430のペーサーにも抜かれる。
歩き出してからはゴールタイムは考えてなかったのですが、430のペーサーに抜かれてタイムの事を考えることが出来た。ペーサーはグロスなのでこれに付いていけばロスタイム4分だったのでまだ4時間30分は余裕で切れるってことだなと。

30mぐらい先に行かれたけど、思い直してペーサーに付いていくことにする。

歩いたり、走ったりしていたので付いていくのがしんどかったが500mぐらい付いていくと、お腹のちゃぷんちゃぷんもマシになったしこのペースなら走れるやん、って感じになった。

ペーサーのおかげでヤマサキストアの坂も難なくクリア。
しばらく走っていると、ペーサーが遅く感じだしてきた。

ペーサーの人が声を出している。
「Gブロックからスタートしているのでこのままのペースでいけば」4時間30分は余裕です。」
「余裕のある人はスピード上げるとネットタイムで20分切り狙えますよ」
「20分と19分ではだいぶイメージ変わりますよ~」と・・・

私はEブロックスタートでしたが、ここから上げれば20分は切れるかなと思い始めて切れていたやる気スイッチがONに。

ペーサーさんに拾ってくれらお礼を言ってスピードアップ。

メイタン効果もあったのかどんどんスピードが上がる。奈良公園に入ってのアップダウンもあまり気にならない。奈良公園に入ったところからは奈良マラソンで一番好きな場所。

応援に応えながら楽しんで走る。

【40km~ゴール 12’18″ 5’36″/km】
(5’20” – 5’53” – 1’53″)(ラストは398m 4’43″/km)

40km通過、飛ばしすぎたので呼吸がしんどい。
けどあと2km。4時間20分は余裕で切れる。

最後の上りもそれなりにまとめて競技場へ。

スタンドからは、よめさんと娘が応援してくれている。
手を振りながら、おもいっきり飛ばしでゴール。

タイムは4:17:26

大阪マラソンの10分落ちだったけど歩いた割にはまともなタイムで収まった感じ。

で、ゴールするとおっとーさんがいた・・・。(次回はおっとーさんとの対決編に続く)

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今月の走行距離 131.6km

2015奈良マラソン レポ0(反省編)

奈良マラソン走ってきました。

結果は速報で上げた通り4時間17分26秒でした。(ネット)
負けるはずがないと思っていたおっとーさんとの対決まで敗れる始末。

全てが噛み合わない失敗レースとなってしまいました。

とりあえず昨日の5km毎のラップ。
20151213a

30km手前から歩き始めています。
30km~35kmまではかなり歩いていますね。

いつものレースレポは次回に書くことにして、今回は次回以降ミスをしないために失敗の原因など自分の分かっている範囲でまとめておこうと思っています。

解決策がみえていないものも多数ありますけど・・・。

(その1)

持ち物の失敗。走り出す前にモンベルのポーチには、ジェル2個、メイタン1個、NI、芍薬甘草湯、塩タブレット8個、2RUNを入れていました。

実際に走っている時(歩いている時も含)に取ったのは、ジェル2個、メイタン1個、塩タブレット4個、NI、2RUNを食べました。

ゴールした時にはポーチの中は空。

摂ろうと思っていた芍薬甘草湯や塩タブレットを走っている最中に落としています。
塩タブレットは取り出す時にポロポロおちたのが知っているのですが、芍薬甘草湯は知らない間に無くなってました。

ついでに書けば、せっかく用意してポケットに入れていたペース表は、スタートする前から落としているという状態。

大阪マラソンでも知らない間に落としているものもあるので補給食などをポーチに入れて走るのはもう少し工夫が必要かなと思ってます。

なんとなく考えた解決策は、

粉系の補給食はゼッケンの裏に貼り付ける。塩タブレットは落としてもいいように数を持っていくでなんとかならないか?

(その2)
当日の服装の失敗。朝の気温なら2枚でもなんとかなると思っていたけど、実際はどうにもならなかった。最初の給水から水をかぶったけどダメだった。

これはフルマラソンの経験値が足りないので仕方ない部分もあるかなと思っている。次回同じような気候の時に失敗しないようにしなければ・・・。

基本的な考え方としては、いつも予備のビニール袋をポーチに入れているので薄めで走って寒くなれば対応できると考える。後は当日の気温の読みですね。このあたりがまだまだ弱い。

(その3)
水分補給の失敗。例年の奈良マラソンならそんなことは無いのでしょうけど、今年は服装選びも間違えたのもあって暑かった。約5km毎にある給水では多めに取得していたのですが、結局吸収されずにお腹の中でちゃぷちゃぷ鳴ってるような感じ。

あやたさんの神戸のレポでもそんなこと書いてたな~とか思いながら歩いてた。

大阪マラソンの時は走り終わって着替えてトイレに行きたくなってという流れで、普通の尿だっだけど、今回はやっぱり血尿になってた。明らかに水分が足りてない・・・。

水分補給については、解決策があまり思いつかない。大阪マラソンでは約3km毎にあったのでいい感じだったと考えると、そのペースで取得するのならボトルポーチを持って走るしか手がないかも・・・。

と失敗の原因を先に書きましたが、予定どおりいけば次は篠山。
今回の失敗の部分をできるだけ潰して走れるようにしないといけませんね。

ただ、失敗レースの中にもいい発見もあったので書いておきます。

(その1)
白川の上りで歩く。
何故これがいい発見なのかというと、走る方が速いのは間違いないですが、心拍の上がり方などを考えると走ったり歩いたりを繰り返したほうが、上りきってからの負担が少ない。登りきった後に取り返せるということがなんとなく理解できました。

走ることにこだわらずにトータルで考えるということも有りかなと思いました。
奈良マラソンでしか使えないでしょうけど・・・。

(その2)
引いてもらうと楽。
後半、目標も無く歩いたり走ったりしていた時に4.5のペーサーに抜かれました。数メートル先に行かれてこのペーサーについて行ったらゴールタイムはネットでは4時間20分台でゴール出来るなと思ってついていくことにしました。

そこまで歩いたり走ったりしていたのでペーサー速いなとか思っていたのですが、数キロ並走すると前に出てしまう感じになってきました。やっぱりペーサーに引いてもらうと楽だなと実感しました。

(その3)
メイタン効果はあったと思う。
白川の応援場所を過ぎて少しいくとお腹もちゃぷちゃぷで脚もヤバそうで歩きだす。(白川の上りでも既に歩いていたけどそっちは一応戦略的歩き、今回はどうしようもない歩き。)
で坂を下って復路の分岐点手前の給水で、持っていても仕方ないな~と思ってメイタンを取得。取得後も歩いたり走ったりしていたのですが、上記の4.5のペーサーが来て並走出来た原因はメイタンにもあったと思います。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

今月の走行距離 95.4km